▲TOP▲

石井トロフィー石井社長

お問い合わせ、ご注文はお電話でも承ります

03-3803-3841

営業時間 平日10-12時/14-19時 (土日祝は休)

家紋亭

サイト内検索 電話をかける Emailで問い合わせる
家紋ブログ 家紋の由来について

キリストの十字架の紋。十字架紋ともいう。信仰心によるものと、形が簡単である事から用いられた。

 

大阪冬・夏の陣では、キリシタン大名や将兵が、キリスト教回復の為籠城に加わって軍旗や馬標、武器、陣幕にも日本の家紋と同じ様に久留守紋を使用し、自分たちの信仰を誇示した。


島原の乱では天草四郎時貞の軍旗が久留守紋であった。


禁教後、江戸時代では各家ともこの紋を捨て、類似紋にすりかえた。

 

久留守紋は今でも摂津地方に多い。戦国時代に当地の豪族池田、高山、中川、伊丹、能勢、平岡の諸氏が教徒として十字架の紋を用いた。

 

「久留守紋 まとめ」

  • 分類 (器財紋)
  • 有名人 (内田正信など)
  • 読み仮名 (くるす)
  • 多い名字 (中川・内田)
天草四郎陣中旗

天草四郎陣中旗

中川久留子

中川久留子

変わり久留子菱

変わり久留子菱

天草四郎陣中旗:天草切支丹館所蔵